ダイビングで必要な器材を解説!【購入タイミング×購入順序も紹介】

ダイビング機材はこれでOKスキューバダイビング
せな_プロフ写真

こんにちは!

先日、1年3ヶ月ぶりに日本の海を堪能したセナです♪

本記事ではこんなお悩みを解決します。

「ダイビングで必要な器材はなに?」
「ダイビング器材は全部揃えたほうがいいの?」
「ダイビング器材って高すぎ。買わなくても大丈夫かな?」

この記事を読めば、ダイビングに必要な器材一覧&購入するときの優先順位がわかります。

 

当ブログ運営者は、ダイビング歴8年目・ショップ非常勤歴7年という経歴があるので、記事の信ぴょう性は担保できると思います。

 

スポンサーリンク

ダイビングで使う器材一覧

Diving

ダイビング 軽器材

ダイビングで使う軽めの器材を「軽器材」と呼びます。

軽器材の一覧は以下 7点です。

  1. ダイビング マスク
  2. シュノーケル
  3. フィン
  4. グローブ
  5. ブーツ
  6. ウェットスーツ
  7. メッシュバッグ

 

ダイビング 重器材

ダイビングで使う重めの器材を「重器材」と呼びます。

重器材の一覧は以下 3点です。

  1. BCD
  2. レギュ類
  3. ウェイト + ウェイトベルト

 

ダイビング その他器材

ダイビングで使うその他器材は以下7点です。

  1. ダイブコンピューター
  2. 水中カメラ
  3. 水中ライト
  4. ダイビングナイフ
  5. 水中スレート
  6. ドライスーツ

 

ダイブコンピューターは、安全確保のためにもいずれは絶対に購入した方がいい器材です。

 

水中ライトと水中カメラは、あったらダイビングがより楽しくなる器材です。

 

それ以外は、一般のファンダイバーなら必要ない器材です。

 

ダイビングのシリンダー(タンク)は?

ダイビングで使うシリンダー(タンク)は、基本はダイビングショップでレンタルします

重いし高いので、買う人はほぼいないです。

ダイビングができる場所には、タンクレンタルが絶対あるので心配無用ですよ!

 

ダイビング器材はどれから買えばいい?

水中マスク

ダイビング器材の購入のタイミング

ダイビング器材を購入するタイミングは…

「ダイビングが超楽しい!ハマりそう!」
「ダイビング頻度が月2回以上で多くなってきた!」

と、ダイビングを今後ずっと続けていきそうだと確信したときです。

 

ダイビング器材はかなり高額な買い物なので、使用頻度が少ないのに買うともったいないからです。

 

器材購入は必須ではありません。
ダイビング始めたてで今後もずっと続けるかわからないのであれば、しばらくは器材をレンタルして様子をみた方がお得です。

 

ダイビング器材は「軽器材」から!

ダイビング器材を購入するなら「軽器材」から揃えるとGOODです。

 

直接肌に触れるフィット感が大事な器材なので、軽器材を揃えるだけでダイビングの快適さが変わります。

 

価格も重器材に比べると安いので、一番最初にGETするマイアイテムとしても取り入れやすいです。

マスク+シュノーケル → フィン+ブーツ → ウェットスーツ → グローブの順がぶなんです。

 

メッシュバッグは少し大きめの軽器材(フィンやスーツなど)をGETするときに、一緒に購入すればいいと思います。

 

本格的にハマったら「重器材」をGETしよう!

本格的にハマり、月2回以上と頻度が高くなってきたら「重器材」を購入してもいい頃です。

 

頻度が高くなると、重器材をレンタルし続ける方が高くついてしまうからです。

自分専用の重器材を購入した方がトータルでみて、お得になります。

 

BCD+レギュ類はセットで購入が一般的です。

 

ウェイトは買わなくてもOK!

ウェイトは買わなくても全然OKです。

持ち運びは重いし、ほとんどの場合はガイド料金にウェイトレンタルも含まれているからです。

 

フィット感が気になる方は、ウェイトベルトやウェイトベストくらいは購入してもいいかもしれませんが、おもり自体を買う必要は全くありません。

 

「毎週末、セルフで潜っている」
というのであれば、レンタル料がかさむので自分専用のウェイトを買った方がいいかもしれません。

 

その他器材の購入タイミング

ダイブコンピューターに関しては…

「一番はじめに購入した方がいい」
「値段も高いからハマってからでもいいのでは?」

と意見が別れます。

 

個人的には…
最初はレンタルで、後々なるべく早めに購入すればいいと思っています。

 

ダイビングの安全は自己責任なので、安全確保のための器材は早めにGETするのがベターだと思っています。

 

水中カメラetc. は、欲しいと思ったタイミングで、お財布と相談しながら買えばOKです。

 

ダイビング器材の関連記事

ダイビングマスクの後悔しない選び方【おすすめマスク6選も紹介!】
こんにちは! ダイビングマスクは三眼タイプ派のセナです♪ 本記事ではこんなお悩みを解決します。 「ダイビングマスクの購入を検討中...」 「自分にあうダイビングマスクの見つけ方は?」 本記事を読めば、ダイビングマスクの特徴〜選び方&おすすめマスクまで全て丸わかりです。 当ブログ運営者は、ダイビング歴8年目・ショップ非常勤7年の経歴があります。 今使っているダイビングマスクは2代目なので、かなりリアルな視点で解説でき...
最高のダイビングフィンの選び方【おすすめ5選も紹介!】
こんにちは! ダイビング機材の種類が多すぎてたまに困惑するセナです♪ 本記事ではこんなお悩みを解決します。 「ダイビングフィンの購入を検討中」 「種類が多すぎてどんなフィンを買えばいいかわからない」 結論からいいますと... 「フィンタイプ・素材・脚力に合わせたサイズ選び」を意識すれば、最高のフィンが見つかります。 以下で詳しく解説します。 ちなみに、筆者である私はダイビング歴8年目・ショップ非常勤7年の経歴があ...
ダイビングブーツの選び方×乾かし方【正しい購入方法も紹介】
こんにちは! ダイビング歴8年目・ショップ非常勤7年の経歴があるセナです♪ 本記事ではこんなお悩みを解決します。 「ダイビングブーツの購入を検討している」 「ブーツってどう選べばいいの?」 SCUBAPROのブーツを愛用している現役ダイブマスターが、わかりやすく解説します。 この記事を読めば、選び方〜保管方法までダイビングブーツのすべてが丸わかりになりますよ。 ダイビングブーツの役割 ブーツの主な役割は「足の...
ダイビンググローブおすすめ5選【プロが選び方も徹底解説!】
こんにちは! 根っからの海好きダイブマスター・セナです♪ 本記事ではこんなお悩みを解決します。 「ダイビンググローブの購入を検討している」 「どんなグローブがいいの?」 「たくさん種類があって何を買えばいいかわからない」 この記事を読めば、選び方〜おすすめまでダイビンググローブの全てが丸わかりになります。 ちなみに筆者のわたしはダイビング歴8年目・ショップ非常勤7年の経歴があります。 夏用・冬用グローブ両方を使っ...
ダイビングの人気メッシュバッグ4選【使い方×お手入れ方法も紹介】
こんにちは! シュノーケリングだけでも海を満喫できるせなです♪ 本記事ではこんなお悩みを解決します。 「ダイビングメッシュバッグの購入を検討中」 「持ち運びはどうしているんだろう?」 この記事を読めば、人気メッシュバッグ〜使い方・お手入れ方法まですべてが丸わかりです。 ちなみに筆者の私はダイビング8年目・ショップ非常勤7年の経歴があります。 学生時代は、メッシュバッグひとつでダイビング旅行に出かけていました。リアル...
ダイビングのおすすめ水中ライトはINON【愛用歴8年目が解説】
こんにちは! INONライトを愛してやまないセナです♪ 本記事ではこんなお悩みを解決します。 「水中ライトの購入を検討中」 「どのライトがいいのかわからない」 「他のライトと比較検討がめんどくさい」 この記事を読めば、わざわざ比較検討する必要なくダイビングでおすすめのINONライトの素晴らしさがわかるし、欲しくなります。 8年間も同じライトを使い続けている私が解説すので、間違いないはずです。 ダイビングの水中ライ...
ダイビングコンピューター3種類を比較×レビュー【おすすめも紹介】
こんにちは! ダイコン1個水没させたことがあるせなです♪ 本記事ではこんなお悩みを解決します。 「ダイビングコンピューターの購入を検討中」 「種類が多すぎて、どれを買えばいいかわからない」 「どのサイトも同じような感じで本当にいいやつがわからない」 この記事は初心者向けに「機能は充分か」「初心者でも使いやすいか」「どれがいいか、悪いか」でザックリわかりやすく解説しています。 専門用語の使用は控えています。 ダイビング...

 

いかがでしたか?
ダイビングは特殊な環境で行うレジャーなので、特別な器材と使い方をマスターする必要があります。しかし、あくまでもレジャーで趣味の範囲なので、器材購入は必須ではありません。

自分のお財布と相談しつつ、購入タイミングを検討しましょう。

無理矢理ローンを組ませて器材購入させようとするショップもありますが、全然断っちゃって大丈夫ですからね♪

タイトルとURLをコピーしました