ダイビング女子必見!!お洒落なヘアアレンジ14選【動画付き】

スキューバダイビング

ダイビングを楽しむステキ女子の皆様へ

ダイビングのときにヘアスタイルに関してこんなお悩みありませんか?

「マスク装着時に前髪が邪魔」
「水中から上がってきた時でも崩れてないか心配」
「水中でも写真映りが良くなる髪型がいい」
「陸でも水中でも可愛くおしゃれで居たい」

 

陸でも水中でも可愛く乙女でいたいですよね♪
そんなダイビング女子のために本記事では以下3点について紹介します。

  1. ダイビングのヘアスタイル選び方
  2. 可愛いおしゃれなヘアスタイル14選
  3. ヘアアレンジ方法【動画付き】

 

筆者である私はダイビング歴8年目です。

髪の毛はずっとロングで背中の半分くらいまでの長さがあります。仕事で潜ることが多かったのでショートも考えましたが、「髪は女の命」なかなか踏み切れませんでした。

そんなロングヘアーの私の体験談も交えながら、ダイビングに最適なヘアスタイルを紹介します。

 

スポンサーリンク

ダイビングのヘアスタイル選び方

ダイビングでは【前髪アップ・きっちりキツめ】のヘアスタイルにするとGOODです。

マスク装着するときに前髪がマスク内に入ると、髪の毛をつたって水が入ってきます。なので前髪はきっちりアップがベストです。

また、ゆるめの髪型を選ぶと水中でワカメのように髪がなびき、目ざわりになります。マスク脱着もあるので、ゆるめだと髪型もすぐ崩れます。なので、きっちりキツめの髪型にすれば水中、マスク脱着時に崩れる心配がなくなります。

とはいえ「おでこを出すのが恥ずかしい」という方もいらっしゃいます。マスク装着するギリギリまで前髪をおろした状態でいられる髪型も紹介するのでぜひチェックしてみてください。

 

可愛いおしゃれなヘアスタイル14選

前髪くるりんぱ(サイド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みち子さん(@sunvalley_michiko)がシェアした投稿

前髪くるりんぱは一番簡単でおしゃれに見えるアレンジです。数回練習すればマスターできます。

 

アレンジ方法は動画(08:15)で紹介されています。

 

前髪くるりんぱ(真ん中)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脇田 明日香さん(@asuka_wakita)がシェアした投稿

中央で前髪くるりんぱも可愛いです。ミディアムヘアの人によく似合いそうですね♪

 

前髪編み込み

難易度は上がりますが、前髪編み込みはきっちりキツめでまとめられるのでおすすめです。

 

前髪全アップ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

scubabesさん(@scubabes)がシェアした投稿

ハーフアップまでは行かないけど、前髪を全部アップにしてゴムで結ぶだけでも楽チンだし、こなれ感があってカッコいいです♪

 

大きいピン

最近流行りの大きめのピンどめを使って前髪をとめるアレンジです。

お洒落なピンだとテンション上がります。

 

ピンなので、マスク装着の直前にぱぱっとまとめられます。おでこを見せるのが嫌いな人におすすめのアレンジ方法です。[DIVER; 女子的ダイバーグッズ術! 水中モデル野口綾子のダイバー女子力アップ術 Vol.3]で詳細が確認できます。

 

ポニーテール(高め)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Monika Eszさん(@monika.szos)がシェアした投稿

ポニーテールは高めに結ぶのをおすすめです。低めだと、機材を背負うときに髪が背中とBCDの間にはさまることもあるので痛いです。

マスクストラップの位置と被らないような高さで結ぶとGOODですよ♪

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Monika Eszさん(@monika.szos)がシェアした投稿

写真のようにロングヘアの人は結んでも水中で髪の毛が暴れます。

暴れさせたくない人は、1枚目の写真のようにポニーテールを3段階で結ぶ、またはマスクストラップで髪を押さえつけるとGOODです。

 

おだんご

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Just For Diving Addictsさん(@divingaddicts)がシェアした投稿

おだんごは可愛いし、髪が水中で暴れることもないのでとてもいいアレンジです。

高めの位置でおだんごにすると、機材を背負うときにも絡まらない、マスク脱着しやすい、ダイビング後もスタイルが崩れている可能性が低い、といったメリットがあります。また、冬はドライスーツがとても着やすいです。

 

ひとつデメリットをあげるとしたら、フードが被れない点です。被れたとしても頭がでっぱっるので変な格好になります(笑)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

奈津子さん(@tsukotsukonatsuko)がシェアした投稿

冬などの水温が低いときは、おだんごを低めにすると違和感なくフードを被ることができます。

 

フレンチブレイド

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Braids And Hairstylesさん(@norwegianbraider)がシェアした投稿

フレンチブレイドは海外の女性ダイバーがよくやっているイメージがありますね。

アレンジ難易度は高いですが、陸でも水中でもおしゃれをしたい!という人は練習してみる価値ありです♪

 

編み込みツインテール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Z O E W O O D C O C Kさん(@zoe_woodcock)がシェアした投稿

こちらも難易度は高いですが、おしゃれ度もかなり高いです。

かなり練習が必要かもしれませんが、海外の女性おしゃれダイバーへ1歩…いや100歩くらい近づけそうです♪

 

三つ編みポニーテール

三つ編みって可愛いですよね。ポニーテールにすることで、グンっと大人っぽくなります。

 

ミッキーマウスヘア

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

David!!!!さん(@scubadiving.ah)がシェアした投稿

このヘアアレンジをやる事自体、とても勇気がいるかもしれません。

ディズニー大好きなダイバーだったら楽しめそうですね♪

 

フード/ビーニー

ヘアアレンジをしなくても、フードを被っちゃえば髪が邪魔になることはありません。

冬はMOBBY’Sの【ビーニー】というニット帽みたいなフードを被ってる人をよく見かけます。色も5種類あっておしゃれです。

MOBBY’S ビーニー
MOBBYS

 

ヘアバンド・バンダナ

バンダナで髪の毛をまとめるのもGOODです。

派手な色のバンダナにすれば、水中でも目立つので迷子になりにくいです。

バンダナ キャップ | メンズ レディース

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

김지혜さん(@funfun_jeehye30)がシェアした投稿

ヘアバンドも可愛いですね。

ラッシュガードや水着の素材を使っているヘアバンドもあります。水中で付ける時は水陸両用のヘアバンドがあると助かりますね。

 

カチューム

カチュームとは、カチューシャにゴムバンドが付いているものです。

ガッチリ前髪をアップしたい方におすすめです。

created by Rinker
¥880(2020/10/28 15:13:16時点 楽天市場調べ-詳細)

 

いかがでしたか?【前髪アップ・きっちりキツめ】のヘアスタイルで、陸でも水中でもおしゃれを楽しんじゃいましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました