Cenaの25年間総まとめ

プロフィール

当ブログを運営しているCena(セナ)です。私の経歴、なぜアメリカに住む事になったのかetc. のプロフィールです! 

  • 当ブログ運営の目的
  • 私がどういう人物なのか

上の順番で書いていきます!

スポンサーリンク

当ブログについて

ブログ運営の2つの目的

アメリカに来てからこのブログを始めた目的は2つです。

  1. アメリカ駐在妻のヘルプ
    不安解消/ワクワク発見/少しでも楽しく生き抜くコツetc. 共有していきます。
    楽天的に考えてたけど意外と通用しない!なんて事も多いです。また、調べても答えの無いトラブルなども結構出て来ます。英語が出来れば、英語で調べて解決する事もできますが、最初からはそんな上手くはいきません。このブログを通して皆さんの疑問に対する答えが見るかり、少しでも助けになれば嬉しいです。
  2. ダイバーのお気楽コミュニティ
    これは完全に私の趣味ですw。大学1年生から始めたスキューバダイビング。在学中にプロの資格も取得し、海でガイドの仕事もしていました。今は海から離れた生活を送っていますが、Webを通して今まで得たダイビングのノウハウや感動を共有していきたいと思います。また、全世界のダイバー同士が、初心者ダイバー〜玄人ダイバーが、お気楽に軽い気持ちで意見交換・情報共有できてもっとダイビングが好きになる、そんな海好きが集まる場になればめちゃくちゃ嬉しいです。

Cenaってどんな人物?何してる人?

スキューバダイバー(Dive Master) × 主婦 × アメリカ在住 × 元IT業界

1993年生まれ、千葉県出身、AB型。
大学時代にサークルで始めたスキューバダイビングの虜になりました。「IT」×「スキューバダイビング」でダイビング業界の繁栄に貢献する!という夢を掲げ、大学での専攻とは全く関係ないITベンチャーに就職。入社してからは二輪業界のWebサービス運営に携わり営業とクリエイティブ関連を主に担当してました。

大きな夢の実現へ向けてキャリア形成に取り組んでいた中、予想もしていなかった人生の転機が。2017年11月、当時お付き合いしていたFiro(今の旦那様)になんと突然の海外赴任事例!私も赴任先アメリカ テキサス州に付いて行く事を決意し、無事ゴールイン。

2018年夏に仕事を辞めて約3ヶ月間のニート生活を楽しみ、無事2018年11月にアメリカに引っ越し完了。

アメリカに来てからは、筋トレ、英語の勉強、フリーランス、主婦業に取組み中です!

主な経歴

  • 生まれは東京、育ちは千葉。夏は第2の故郷 高知県で過ごす事がお決まり
  • 中学でソフトボールを始め「船橋のゴジラ」と命名される
  • 高校では英語に熱中。高校1年生の時、カナダに1年間の単身留学
  • 東京農業大学に進学(英語関係ないw)
    スキューバダイビングと居酒屋バイトに夢中になる(農業関係ないw)
  • 卒業後、ITベンチャーにて毎日PCと睨めっこ&全国のバイク屋さん営業に奮闘
  • 2017年11月 当時お付き合い中のFiro(今の旦那様)のアメリカ赴任に帯同する事を決意
  • 約2年半勤めた会社を退職
  • アメリカ引越しに向けて、ニートを3ヶ月間“大満喫”
  • 2018年11月 無事にアメリカ引越し完了(←今ここ)

こんな事ができますよ!

Cenaはこんな事ができます

  • スキューバダイビング
  • Webデザイン(.ai .psd はバッチリ!HTML/CSSはチャレンジ中)
  • LPO/EFO(分析→提案→クリエイティブ作成 まで一貫してできるよ)
  • 英語
  • 世界の料理

Cenaはこんな人ですよ!

性格はザックリこんな感じです。

  • 海とダイビングが大好き
  • 島と田舎が大好き(都会はあまり…)
  • お気楽極楽
  • 愛に溢れてる❤️

行動の決断基準はザックリ下記です。無理せず心地良く生きる事をモットーに過ごしてます。

  1. 心地よさそう、楽しそう
  2. 無理をしないで出来る事
  3. 少しでもお金に成りそう
  4. 迷ったら、とりあえずやる
  5. “Cenaらしい”って言われる

Cenaの25年間 総まとめ

長〜いので、適度に飛ばして下さいね!

【小学】海が好きになったきっかけは、高知県でのプチホームステイ!?

小学校の時は…
勉強が出来た訳でもなく、運動が出来た訳でもなく、モテた訳でもなく、可愛かった訳でもなく…本当に何も特徴がない小学生だったと思いますwww

唯一、自慢だったのは…毎年夏休みが終わって新学期になると、クラスの中で『一番黒かった』ことですかね。祖母の家が高知県西部の小さな村にあって、毎年の夏休み1ヶ月間は弟と2人で祖母の家で過ごしていたんですよ〜(←プチホームステイみたいな感じ)またこの集落(?)がとても良い所でして、目の前は海!後ろは山!徒歩圏内に河川プール!毎年夏は大自然の中で過ごしていた訳でして、今でも第2の故郷です。

この経験が「海好き」「島と田舎大好き」に大きく起因してます♪

【中学】エースで4番!背番号55!「船橋のゴジラ」誕生

自慢話なので、嫌な方は飛ばして下さいw

中学校では、自分で言うのも何ですが…後輩から結構人気でした!ソフトボール部での姿がカッコ良かったみたいですw
①校内で後輩に見つかると
「CENAせんぱ〜〜〜い!!!」
②街中で後輩に出くわすと
「CENAせんぱ〜〜〜い!!!(超遠くから)」
※これは本当に恥ずかしかった(//▽//)

今まで特にスポーツとかやってこなかったんですけど、実は輝かしい才能を秘めていたようでw、最終的にポジションは“ピッチャー” “4番バッター” “背番号55”で落ち着きました。ピッチャーとしても、打者としてもかなり活躍してたと思います(笑)だから後輩に人気だったのかな?他校の先生に応援して頂くこともあり、その時くらいから「船橋のゴジラ」って言われるようになったと思います。(←記憶少し曖昧…)

私達の代はとても強かったので、総体では県ベスト8の成績を残しソフト部生活に終止符を打ちました。一緒に何かを成し遂げた『仲間』はいつまでも仲良いって本当ですね♪当時のメンバーとは今でも交流があり、超仲良しです(^^)/各々の彼氏や旦那も一緒に遊ぶようにも成りました。

【高校】カナダに単身留学。悔しさが残る1年間…

高校入学後すぐ、カナダ留学に行く事を決意しました(←留学目的で制度の整った日本の高校を選んでいました)。私の両親は「どんどん世界を見て来い!」スタンスだったので快諾してくれました。本当にありがたい。

ちなみにカナダ留学のきっかけはすごく単純でした。
「英語が話せたら、もっとお金稼げそう」
高1のくせにイヤらしい考えをするガキだったなと思います。

日本を経ってからは挫折の連続
「言葉が全然通じない」
英語の成績が良かったので、大丈夫だろ〜と軽い気持ちだったのでまんまと負のスパイラルにはまって行きました。

  • 【学校】
    皆んな何言ってるか分からない、通じない、友達の作り方分からない
  • 【毎日の生活】
    とにかく間違える事・伝わらない事が怖くて、勇気を出して喋れない
    =スピーキングが上達しない

唯一の救いはホストファミリーがSuperナイスだったこと。本当に今でも大好きです。

3ヶ月過ぎた頃から、友達もでき始め少しずつ楽しくなってきましたが根本にある間違える事・伝わらない事が怖いは払拭されずだから話さない・伝えたい事を無理に伝えようとしないことを覚えました。そのためあまりスピーキング能力は伸びなかったと思います。

今思い出しても後悔が大きいです。悔しさが大きく残る留学生活でした。

日本に戻って来る頃には、カナダで3年間高校生活を送りたいな〜と思える程毎日が楽しくなっていましたが、時すでに遅し。日本に戻ってからは、無難に楽しい高校生ライフを送りました。

【大学】これがCENAだ!私らしさを見つけた4年間

大学は東京農業大学に進学しました。この時も超単純な理由で決めました。
「ただ経済/経営を学ぶよりも、何かに特化した方が将来儲かりそう」
本当、極悪人みたいに単純でイヤらしい理由w

実際4年間、夢中になったのは「スキューバダイビング」と「居酒屋バイト」。たまたまバイト先が多数メディアで取り上げられ注目され始めた某チェーンで(●●農場)
お客様に感動を!期待値を(プチ)超え続ける!
宇宙一ありがとうが集まるお店!

このビジョンが凄く気に入っていて、とにかく本気でコミットしていました。週5のバイトで貯めたお金で週末はダイビング。週7で何かに夢中になったのは中学校ぶりで新鮮でした。

この生活を約4年間続け得たものは、最高の仲間・ダイビングスキル・接客スキル・ティーチング/コーチングスキルetc. は勿論、心地良い生き方の心得(基盤)が仕上がった事が一番嬉しかったです。

  1. まず、全力で自分の持っている物を人に与える
  2. 全力で向き合えば、時間はかかっても必ず人は付いて来てくれる(嫌われてもOK!)
  3. 世の中の99%はUncontrollableと思う
  4. 絶対に無理はしない、疲れてたら手を抜く
  5. 全ては一時の恥

【就職】IT × スキューバダイビング で業界に変化を

他の学生みたいに、就活セミナー行って、色んな企業にエントリーして….という就活は絶対にしたくないし、普通に就職するのも本当に嫌だったから、就活という就活は何もしていませんでした(スーツも持ってないですw)。

大学4年生の夏もダイビング三昧で楽しく過ごしていたある日…
「お前、いいかげん就職はどうするんだ?」
と本気モードお父ちゃんに一言だけ喝を入れられましたw。

私も内心薄々ヤバイかな〜と思ってた頃だったので、就職に向けて行動開始!と言っても大した事はしてないです。やった事と言えば以下の3つ…

  • OfferBoxに登録
  • 気になる会社選抜
  • アプローチ

OfferBoxで1社だけ気になる会社があったので、直接その会社に電話しました。するとトントン拍子に話が進み、幾度か面接・面談を重ね、なんと無事採用していただけました!

「小規模な会社」で「自分のWebサービスを持つ」を目標に会社を選ぶ

就活(?)を始めた時に、まず一番始めに考えたのは将来何がしたいか。

漠然とだけど、スキューバダイビングに常に関わりたいという気持ちがありました。
だけど

  • インストラクターとしてダイビングショップで働く
  • ダイビング雑誌の会社で働く
  • ダイビング機材関係の会社で働く

など直接的に関わる仕事はどれもしっくり来ませんでした。

実は大学4年間、西伊豆のダイビングショップでもバイトをさせて頂いてて海に来るダイバーの数が毎年着々と減っている事に気付いていました(=アクティブダイバー人口の減少)。大好きなダイビング業界が衰退していくのは嫌だ。どうにかして盛り上げられないか。と考えている時にふと
「Webだ。Webを通せば多くの人にいっぺんに情報共有できる」
と閃きました。
『Webでダイビングを盛り上げられるサービスを作る』事が私の目標になりました。そこからは業界をITに絞り、尚且つ小規模な会社を探しました。小規模な会社を希望した理由は

  1. 人が少ない方が、手広く様々な業務に携われる
  2. 小規模の方がチーム内での話が通りやすいし、絆が深くなる
  3. 個人的に大人数の場所が嫌いw

と勝手に思ってたからです。

奇跡的にこの1社と出会い、私の社会人への道のりを軌道に乗せることが出来ました。

社内で完全アウェー。アナログ人→デジタル人に、私はなる!

未知の世界「IT業界」に飛び込んだ私は毎日PCと睨めっこ&バイク屋さんにお叱りを受ける
最初の数週間で嫌気がさしたし、正直間違った世界に来てしまったと思いました。インターネットで検索したページが印刷できる事すら知らなかった私は完全アウェー状態。もちろん先輩からは…
「え、そんな事もわからないの?」
「嘘でしょ…(苦笑)」
など、当時の私の心にグサッ!!!と刃物を突きつけられ続けとても腹立たしい思いをしたのを覚えてますw。「テメェ、こんちくしょぉ〜〜(激怒)」って感じ。

唯一の私のモチベーションは
①「3年間は何があっても耐える」
と入社前から決めていたMyルール
②「小バカにして来た先輩を見返す」
という若気の至り的な考えでした。<

ITベンチャーで社員数も15人程度。すごくラッキーな環境でした。営業とWebクリエイティブ関連を主に担当させてもらいましたが、ほぼ独学でやり通しました。普通だったら、新卒1年目の営業には先輩とか付いて行きますよね?
私、最初っからヒトリ営業でした(爆)
そりゃあ「えぇぇ〜〜!?来てくれないの!?」と内心思ってましたよ。
Webクリエイティブ関連も、毎日徹夜で独学で勉強しましたさ。

やること盛り沢山、初デジタル世界、try&errorの繰り返しでかなり鍛えられました。

  1. そうせざるを得ない環境に置かれる
  2. 原動力が「怒り」「●●を見返したい」
  3. 認められたい(承認欲求) etc. 

ある特定の要素が揃うと、人間は行動を起こし”成果”を出す事に励むんだなぁ特に痛感しました。

無骨に取り組むと、物事がポジティブな方向に進む様になり
おかげさまで社会人1年目後半からは

  • もっと色んな仕事にチャレンジさせて貰える様になった
  • LPO/EFOで改善率115%上げられた
  • 全国のクライアントさんとの関係値をプラス方面に構築できた
  • 新卒入社前研修+後輩の1on1任せてもらえた

【結婚】突然の海外赴任宣言

数年経ったらダイビングのサービスやらせて貰えるかな〜なんて呑気な事を考えながら過ごしていたある日、事件が!!!

当時お付き合いをしていたFiro(今の旦那様)の海外赴任が決定。かなり突然の話でわたし最初は超パニックでしたw。※海外赴任宣告〜プロポーズまでの話はスーパー長いので割愛します

正直云うと
キャリア vs 結婚(海外生活)
で悩みました。

キャリアは自分次第で再チャレンジできるけどSUPERナイスなFiroが居ない生活で一番後悔するのは私だ!と直感が働き、無事ゴールインと至りました。

【無職】3ヶ月間のニート生活

海外赴任の時は、夫婦一緒のタイミングで行かない方がBESTらしいです。旦那さんが先に行き、約3ヶ月後に奥さん合流が理想。理由は簡単
夫が先に赴任し、生活基盤を整えてから奥さんや子供を迎え入れる
らしいです。「夫婦一緒の方が助け合えそう」って絶対に思わない方が良いですw。日本みたいにスムーズに行くはずもなく、超絶ストレスフルです。詳しくは別の記事に書きますね。

私も3ヶ月間、Firoと離れ離れの期間がありました。ギリギリまで会社勤めするという選択肢もありましたが早めに辞めて3ヶ月間たっぷりニート生活を楽しむ事を選びました。

3ヶ月間で楽しんだ事はこちら!

  • スキューバダイビングショップでバイト
  • 国内ひとり旅
  • 会いたい人に会いに行く&飲み会
  • アメリカ生活中の挑戦リスト作成

週4日間は西伊豆で大好きなダイビング三昧でした!結婚生活に向けた準備期間だと思い
とことん好きな事に取組んだ3ヶ月間は大正解でした。海外引越しの前、結婚生活スタートの前にすべきリストは別記事に書きますね。

そして 2018年11月
ついに日本を離れ、アメリカでの生活スタートと同時に私の挑戦リストへの取組みが始まりました。

コメント

  1. https://okilakugokulaku.com/blog/wp-site-broken/1988/
    同じ症状でこまっています。助けていただけましたら幸いです。

    • どの点でお困りでしょうか?具体的に教えていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました