アメリカ滞在中はI-94が最重要です【取得方法とトラブルも解説】

アメリカ生活

アメリカ駐在中 or 留学中の皆さまへ

アメリカ出入国記録I-94が必要なタイミングがついに来たようですね。

本記事では以下5点について圧倒的にわかりやすく簡単に説明します。

  1. I-94とは
  2. アメリカ滞在者にとって、I-94が重要な理由
  3. I-94の取得方法
  4. I-94の記載内容に間違いがある場合
  5. アメリカ入国後すぐにI-94を確認すべき理由

アメリカ駐在妻の私は運転免許取得時にまず必要になりました。I-94取得時にトラブルにも巻き込まれたこともあるので、実体験も軽く含みつつ要点だけ説明していきます。

I-94とは?

I-94とは、アメリカ合衆国に入国する外国人のための出入国記録情報の用紙です。

今は陸路のみですが、入国時に移民審査官に提出する書類のひとつです。

以前は専用の用紙に記入して提出をしていましたが、2013年4月から一部デジタル化されて、いつでもオンラインで確認&取得ができるようになりました。

 

空路/海路での出入国時で、I-94は不要

2013年にオンライン化されて以降、空路・海路での入国時にはI-94の提出が必要ありません。従来の様に入国時にいちいち記入・提出しなくて済むのでかなり楽になりましたね。

しかし、陸路でアメリカに入国する場合はI-94の提出が必要になります

メキシコやカナダから陸路で入国する際は入国審査時に担当者から用紙をGETできます(緑色の紙)。場所によっては日本語版がある所もあるので担当者に直接尋ねてみてください。

 

出入国以外でI-94が必要になる時

旅行など短期滞在であればほとんど必要ないですが、アメリカに長期滞在していると出入国時以外でもI-94が必要になる時があります

  • アメリカで運転免許の取得
  • 移民局(USCIS)に書類を提出
  • 雇用許可
  • 外国人登録の確認
  • ソーシャルセキュリティー番号(SSN)の取得

 

※渡米後、多くの外国人が取得する運転免許については[【2019年最新】テキサスの運転免許の取得方法まとめ]で詳しく解説しています。気になる方は参考にしてください。

 

アメリカ滞在者にとって、I-94が重要な理由2つ

Important

アメリカ滞在者にとって、I-94が重要な理由は2つあります。

  1. アメリカ滞在中の身分を証明するため
  2. 不法滞在を防ぐため

 

① アメリカ滞在中の身分を証明するため

アメリカ滞在中の外国人の身分証明は、すべてI-94によって決定されます。

ビザよりも“I-94が重要”です。

たとえば…

ビザの種類「L-2」で渡米するとします。ビザにはしっかり「L-2」と記載されています。
しかし、入国審査時にI-94のビザの種類にL-2ではなく「F-2」と誤登録されてしまったら、あなたのアメリカでの身分は「F-2」になってしまうのです。

※記載内容は修正してもらえます。

アメリカでは、I-94が外国人の身分を証明できるすべてなのです。なので、アメリカで身分証明を求められた時は、パスポートだけではなくI-94が一番必要になります。
※政府が関係するやりとりの場合のみです。飲み屋での年齢確認とかは必要ないです。

 

② 不法滞在を防ぐため

外国人がアメリカに滞在できる期間は、I-94に記載されている『Admit Until Day(滞在期限)』で決まります
※滞在期限は、ビザによって異なります。

このI-94に記載されている滞在期限を超えると『不法滞在』になり、日本に強制送還されます。その後も何年間かはアメリカへの入国が禁止されるみたいです。

ビザとI-94の滞在期限どちらが大事なの?

ビザよりも、I-94の滞在期限を守ることが大事です。

上でも説明した通り、アメリカではI-94がすべてです。

I-94の滞在期限内であれば、ビザが切れていてもアメリカに滞在し続けることが可能です。

ビザが期限切れ、I-94は有効の状態でアメリカを出国した場合

アメリカに再入国して合法的に滞在するためには、新しいビザの取得が必要です。

 

I-94の滞在期限に「D/S」と記載されている

学生ビザの場合(F1)、滞在期限の欄に「D/S」と記載されている事があります。

これは全く問題ありません

学生ビザ保持者はI-20(非移民の学生資格証明書)が有効な限り合法的に滞在できます。サボったりせずに学校にしっかり通いI-20を維持し続ければ滞在期限は延長され続けます

 

I-94が不要な人

以下に該当する人たちには適用されません。

  1. 米国市民
  2. 合法永住者またはグリーンカード所有者
  3. 帰国者(SB-1)の外国人
  4. 米国を訪問中または輸送中のほとんどのカナダ市民

彼らは記入する必要もなければ、電子的にもI-94が発行されません。

 

I-94の取得方法の手順

手順1:公式サイトへアクセス

アメリカの『税関・国境警備局の公式サイト』へアクセスします。TOPページで「GET MOST RECENT I-94」をクリックしてください。

 

手順2:利用規約の確認・同意

利用規約が表示されるので、確認して注意事項に同意し「CONSENT&CONTINUE」をクリックしてください。

 

手順3:必要事項を入力

パスポートに記載されている情報を入力します。入力後「NEXT」をクリックしてください。

入力項目

  • First(Given)Name 名前
  • Last(Family)Name/Surname 苗字
  • Birth Date(Day, Month, Year) 誕生日
  • Passport Number 旅券番号
  • Passport Country of Issuance パスポート発行国

 

手順4:内容確認・印刷

ここでI-94が表示されます。内容をよく確認して問題がなければ「PRINT」をクリックして印刷しましょう。

I-94記載項目

  • Admission(I-94) Record Number 入国番号
  • Most Recent date of Entry  直近の入国日
  • Class of Admission       ビザの種類
  • Admit Until Date       滞在期限
  • Last/Surname        苗字
  • First(Given) Name      名前
  • Birth Date          誕生日
  • Passport Number      旅券番号
  • Country of Issuance      パスポート発行国

 

I-94の記載内容に間違いがある or 記録そのものがない場合

I-94に間違いがある or 記録そのものがない と、運転免許取得やSSN取得時にトラブルになる可能性があります。

気付いた時点で、以下2つのいずれかの方法で早めに対応しましょう。

  • 税関・国境警備局(CBP)オフィスに出向く
    近くの税関・国境警備局(CBP)オフィスを探し直接出向く方法です。自分のステータスを確認してもらい修正してもらいましょう。※予約が必要になる可能性があります
  • 税関・国境警備局(CBP)オフィスに電話する
    電話でアドバイスをくれたり、担当者の対応が良ければその場でステータスを確認してもらう事が可能です。

I-94に関するトラブル事例と対処法は[I-94に間違いがあった時の対処法【事例付きで説明します】]で具体的に説明しています。

そもそもI-94に出入記録が反映されていないときの対処法も紹介しているので、必要な方は参考にしてください。

 

アメリカ入国後すぐにI-94を確認すべき理由

アメリカ入国後は1〜2週間以内に自分のI-94を一度確認することをオススメします。

取得が必要でなくても税関・国境警備局の公式サイトから自分のI-94記載内容に間違いがないか確認しましょう。

理由はざっくり2点です。

  1. 記載内容が間違ってる可能性がある
  2. 記載内容の修正には、時間がかかる

 

例えば…

ビザの種類が“観光ステータス”(←間違っている状態)のまま気付かずに過ごしていて、滞在期限が過ぎてしまったとします。これは完全に不法滞在になります。

今すぐI-94が必要なのに、記載内容に間違いがあるため修正が必要になりました。しかし、税関・国境警備局(CBP)オフィスに問い合わせても1週間かかると言われたとします。はい、すぐにI-94が手に入らない状況になってしまいます。

 

私はこの確認を怠り、いざ必要になった時に「I-94がない…..(汗)」という状況を経験しました。

かなり焦りましたよ〜。何が起こるかわからないので確認は怠らないようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました