器まで美味しいパーティーおつまみ!『トルティーヤサラダボウル』

アメリカ生活
Photo by Filimon Ana-Maria on Unsplash

アメリカではメジャーな食べ物トルティーヤ生地を使ったヘルシー料理の翻訳レシピをご紹介します。見た目がとても華やかなのでパーティー料理にもGoodです。テーブルがカラフルになること間違いなし!

こちらの記事でアメリカで売られているトルティーヤ生地や保存方法etc. について触れているので気になる方はぜひCheckして下さい♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Tortilla Bowl Southwestern Salad(トルティーヤボウルの南西風サラダ)

ちょっとしたパーティーの時に、サラダどうしようかな〜と悩んでいました…。少し特別感を出したサラダがいいな〜と思いながら探していると、いいのがあるじゃないですかぁ〜!トルティーヤをお皿代わりにしたサラダ。皿トルティーヤをちぎってサラダを載っけておつまみ風に食すも良し、サラダのみ食べるのも良し、最高じゃないですか♪
レシピ:『Tasty』Tortilla Bowl Southwestern Salad

【作った感想】
カラフルな一品で盛り上がる・お皿の型作りが意外と大変
トルティーヤをちぎりながらビールと共に食す。最高のおつまみサラダになりました。しかし、意外とこの型作りが難しいw。初めてだったのでどうしていいものやら…試行錯誤した結果なんとか上手に出来ました。何回かリピしてますが、一度型作りのコツを覚えちゃえば簡単です♪あとは具材を変えれば様々なシチュエーションで応用できます。

Ingredients(材料)

【4人分】
– サラダ油        小さじ4
– トルティーヤ生地    4枚
– ①ロメインレタス    2個
– ①トマト        2個
– ①レッドオニオン    1/2個
– ①アボカド       2個
– ②コーン        1カップ
– ②黒豆         1カップ
– ③オリーブオイル    1/4カップ
– ③ライム汁       1/4カップ
– ③にんにく(みじん切り) 1片
– ③クミン        少々
– ③パクチー       お好み
– ③塩こしょう      各小さじ1/2

具材とドレッシングは上記に従わなくても何でも大丈夫ですよ〜

Preparation(手順)

トルティーヤ焼き始めの状態

  1. オーブンを350°F(180℃)に予熱する
  2. オーブンで使用可能な型の内側にサラダ油を引きトルティーヤを敷く
  3. きつね色になるまで約10分程焼き、しっかり冷ます。
  4. ①の具材を食べやすい大きさに切り、大きめのボウルに①と②を入れて混ぜる
  5. 別の容器で③を入れよく混ぜ合わせる
  6. 5を4に入れ、よーく混ぜる
    ※注意※ドレッシングが多すぎてびちょびちょサラダになるとトルティーヤ生地が食べている間に柔らかくなっちゃいます。いい塩梅でドレッシングの量は調整して下さい!
  7. 6を3に盛り付けしたら完成!

型はお皿型になりそうだったら何でもOKです。私はパウンドケーキ用の型に生地を2枚敷いて焼きました。生地が内側に“へなぁ〜”と倒れてきて「ヤバイ!お皿型にならない!」と思った私はアルミホイルを棒状に丸め留め具として使いました。いい感じに焼けましたよ〜w

ぜひサラダの具材やドレッシングの味を変えて様々なバリエーションを楽しんでみて下さいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました