パーティーで盛り上がるアメリカの超巨大ハンバーガー『Giant Stuffed Burger』

アメリカ生活
Global-Tyrol / Pixabay

アメリカと言えば…肉、肉、肉、お肉!
日本でもお肉好きは多いですね。お肉ってなんでこんなに興奮するんだろ?「肉食べよ!」この一言は人々をワクワクさせてくれますよねwこの記事では大人も子供も大好きハンバーガーの翻訳レシピをご紹介します。皆んな喜んでくれてインスタ映えも確定のパーティー料理になる事間違いなしです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカのハンバーガー事情

Photo by Pam Menegakis on Unsplash

アメリカと言えば『ハンバーガー』ですよね。イメージ通りハンバーガーチェーン店はあちこちにあります。TVでもハンバーガーに関するCMはとても多いです。アメリカでは日本の家庭料理のようにお肉だけを食べる『ハンバーグ』はあまり浸透しているイメージがないです。チーズ、ケチャップ、マスタード、野菜etc. と一緒にバンズに挟んでハンバーガーにして食すのが一般的です。スーパーにはすぐに焼けるようにハンバーグパテがたくさん売っています。庭のグリルで焼いて、バンズに挟んで各自お好みで味付けして食べる、という様にかなり気軽に食されている料理です。よく湖のBBQスペースで焼いて仲間内でワイワイ週末のひと時を楽しんでいる光景を見かけます。コスパも良く簡単なので人気なんでしょうね♪

Giant Stuffed Burger(巨大バーガー)

手がムチムチ(笑)

何かアメリカっぽい料理を作りたいんな〜と考えていた時にこのレシピにたどり着きました。ハンバーグ大好きな私にとっては夢のような料理です。大好きな食べ物が大きいと興奮度が増しますよね♪
レシピ:『Tasty』Giant Stuffed Burger

【作った感想】
大きい・テンション上がる・レシピ通り作ると固い
いやぁ〜、最高でした。ただこんな大きい料理を作ったことがないでの、味付けの感覚がわからず少し塩っけが強い濃い味になってしまったのが少し残念。あと、レシピ通り作ると少し固かったのでちょっとした工夫が必要です。パーティーがある時はいいと思います。

Ingredients(材料)

【8人分】
– ベーコン         450g
– バター          大さじ2
– 玉ねぎ(薄切り)      大1個
– ①牛ひき肉         1360g
– ①ガーリックパウダー    大さじ1
– ①パプリカ         大さじ1
– ①塩            大さじ2
– ①こしょう         小さじ1
②チェダーチーズ      2カップ
②モントレージャックチーズ 2カップ
– ②パセリ(みじん切り)    1カップ
– レタス          お好みの量
– トマト          お好みの量
– バンズ          8人分

※チーズはお好みの物を使って下さい

モントレージャックチーズとは?

モントレージャックはクリーム色のアメリカ生まれのチーズです。アメリカのファストフード、レストランなどでは当たり前の様に用意されています。まろやかで味のクセもないので、日本人でも抵抗なく食すことができるチーズです。

Preparation(手順)

  1. オーブンを350°F(180℃)に予熱する
  2. オーブンシートにベーコンを上記写真のように1枚ずつしっかりと織りこむ
    動画を参考にしてみて下さい。00:05からベーコンのステップが観れます。
  3. 2をパリッとするまで、オーブンで約30分焼く
  4. バターを引いたスキレットで、玉ねぎをきつね色になるまで約45分弱火で炒める
    フライパンでもOKです。
  5. 大きめのボウルで①を混ぜ、半分に分ける
  6. キッチンペーパーの上に5の半分を直径25cm、厚さ2cmの大きさに広げる。
  7. もう1枚キッチンペーパーを用意して5の残り半分を同様に広げる
  8. 6に②を半分のせ、その上に3をのせる
  9. 8に②の残り半分をのせ、4をのせる
  10. 9に7をのせて、中の具材が出てこないように親指と人差し指で上下のお肉の繋ぎ目をつまみ閉じる
  11. スキレットに油を敷き10をのせて、焼き色が着くまで約5分ほど焼く
    フライパンでもOKです。
  12. 大きめのお皿を使って、お肉をひっくり返しもう片方の面も約5分程焼き色が着くまで焼く
  13. スキレットにのせたまま12をオーブンに入れて約5分程焼き上げる
    私はスキレットを持っていないので普通のフライパンで焼いた後、オーブンシートにのせてオーブンで焼きました。
  14. 焼きあがった13を8人分に切り、バンズにレタスやトマトと一緒に挟めば完成!

このレシピはバンズで挟んで食べるハンバーガースタイル用なので、そのままハンバーグとして食べると固いです。

ハンバーグとして食べたい時は…
  • 繋ぎの材料を足す(牛乳・パン粉・卵)
    繋ぎが多すぎても美味しくないハンバーグになってしまうので気をつけて下さい
  • 牛ひき肉の脂肪分を増やす(牛脂を細かく切って投入)
    アメリカのスーパーで買う牛肉には“脂肪量”が記載されています(例:Lean 90%)。脂肪分がやや高いひき肉を選んでみてもいいかもしれませんね
  • 合挽き肉を使う

以上のような方法でハンバーグの固さを解決してみてください。

巨大ハンバーグでちょっと贅沢な気分を味わってみるのはいかがですか♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました