アメリカのトルティーヤ生地で作るパーティー料理

アメリカ生活

今回はトルティーヤ生地を使ったパーティー料理の翻訳レシピをご紹介します。笛が円状に綺麗に並べられた様な華やかで、一度に大量生産できちゃうコスパGOODな時短パーティー料理です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pull Apart Flauta Ring(プルアパートフラウタリング)とは

金曜日ってワクワクしますよね♪1週間の終わりだ〜ってなって、金曜の夜は何か特別な事をしたい気分になります。日本だと気軽に仕事帰りに友人や同僚、彼氏・彼女と飲みに行くとかができますが、アメリカだとそうは行きません。いや、アメリカでも勿論できますが、アメリカの飲み文化は日本の飲み文化とは全く異なります。“ご飯”と“飲み”は全く別物として考えられています。アメリカでは、1杯飲みに行く前or飲みに行った後にしっかりご飯も食べる習慣が浸透しています。それにバーで飲むお酒はちょっと高いです(本当日本は良心的な値段だなぁ〜と痛感します)。なので、我が家は基本宅飲みです。ただ、飲みながらしっかりお腹にたまるご飯も食べたいので(日本人ならではw)お酒に合うテンションが上がる料理を作るようにしています。今回ご紹介のお料理もその中の1品です。
レシピ:『Tasty』Pull Apart Flauta Ring

【作った感想】
美味しい・お腹にたまる・金曜だなぁ〜と特別感を味わえる料理
ビールを片手に映画を観ながらつまむ料理としてパーフェクトでした!ビールとよく合う。ハイボールやマルガリータにも良く合うと思います。映画を観ながらでも食べやすいので、ついついパクパクっと手が伸びすぎちゃいます。食べ過ぎ注意です(笑)円の半分は具材・味を変えるなど、応用しやすい料理なので楽しいですよ♪

Ingredients(材料)

【20人分】
– ①鶏肉(調理済み、ほぐす)  2カップ
– ①玉ねぎ(みじん切り)     大1個
– ①赤パプリカ(みじん切り)   1個
– ①ハラペーニョ(みじん切り)  1個
– ①ライム汁         1/4カップ
– ①タコスの素        大さじ3
– モントレージャックチーズ  2カップ
– チェダーチーズ       2カップ
– トルティーヤ生地      18枚
– パクチー          適量
– サルサソース        適量
– ガッカモーレ        適量

具材、チーズの種類、ディップするソースは日本で簡単に手に入るもので代用可能です。お好きな具材でチャレンジしてくださいね。

▼モントレージャックチーズの説明はこちら▼

パーティーで盛り上がるアメリカの超巨大ハンバーガー『Giant Stuffed Burger』
アメリカと言えば...肉、肉、肉、お肉! 日本でもお肉好きは多いですね。お肉ってなんでこんなに興奮するんだろ?「肉食べよ!」この一言は人々をワクワクさせてくれますよねwこの記事では大人も子供も大好きハンバーガーの翻訳レシピをご紹介します。皆んな喜んでくれてインスタ映えも確定のパーティー料理になる事間違いなしです! アメリカのハンバーガー事情 アメリカと言えば『ハンバーガー』ですよね。イメージ通りハンバーガーチェーン店はあちこちにあります。TVでもハンバーガーに関するCMはとても...

Preparation(手順)

  1. 大きめのボウルで①とチェダーチーズ1/2カップ、モントレージャックチーズ1/2カップを混ぜる
  2. オーブンを400℉(200℃)に予熱する。大きめのオーブンパンにキッチンペーパーを敷く
  3. まな板にトルティーヤ生地をのせ、手前に1をスプーン2杯分のせる。きつめにしっかり巻き、半分に切る。この動作を全てのトルティーヤ生地で行う
  4. 3をオーブンパンに円状に並べ、チェダーチーズとモントレージャックチーズをふりかける。この動作を2段目、3段目以降も続ける
    参考:動画(00:34あたりから)
  5. オーブンできつね色になるまで約30分焼く
  6. 仕上げでパクチーを上から振りかけて完成!
    サルサソースとガッカモーレにディップしながら食べてください

タコスの素がなかったので、塩コショウとメキシコっぽい調味料を入れて作りました。具材にはズッキーニを入れて、切った断面に緑が入るようにしたんですけど、あまり用途なしてないですねwとにかく簡単で美味しいので次のパーティー料理にいかがですか(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました