【海外】サメと一緒にダイビングができるスポット23選

スキューバダイビング

こんにちは!
ダイビング中に怖くなるので、サメの映画を避けているビビリンちょなCENAです♪

本記事はこんな方のお役に立てるように仕上げてみました。

「サメに会える海外のダイビングスポットを探している」
「刺激的なシャークダイビングがしたい」

海外のサメに会えるダイビングスポット探しに役立つように、サメに会える海外のダイビングスポット23選をエリア別にまとめました。

  1. 東南アジア
  2. オセアニア
  3. 南北アメリカ
  4. アフリカ

人生で一度はエキサイティングなシャークダイビングを『海外』で体験してみたいと思うダイバーは少なくないと思います。

実際に私も国内ですが、小笠原諸島と千葉県・伊戸でシャークダイビングをしたことがあります。近くでみるサメは優雅で強さと美しさを持ち合わせており、素晴らしい生物でした。

そんな私もいつかは海外でしかできないシャークダイビングを体験してみたいなと夢見ています。

スポンサーリンク

東南アジア

まずは日本からも距離が近い東南アジアのダイビングスポット8選です。

毎年多くのダイバーが訪れています。時差も少なく、他のエリアよりも安く、気軽に行けてリゾート感を満喫できる点が人気です。

フィリピン マラパスクア

ここはニタリの遭遇率No.1として世界的に有名なスポットです。世界中から多くのダイバーがニタリを狙いにきます。

ニタリのクリーニングステーションがあり、毎朝クリーニングされに来るようです。なので、日の出前にボートで出発し、日が昇ったと同時にエントリーするスタイルです。

日本からのツアーもあります。日本語を話せるスタッフがいる現地ショップもあるようです。

通年、観察することができます。

マレーシア ラヤンラヤン

ここではハンマーヘッドシャーク・ネムリブカ・ギンガメアジの群れ・マンタが観察できます。

3月〜8月の期間限定でしかダイビングができないスポットです。

フィリピン モアルボアル

ここはニタリの捕食シーンが観察できるポイントとして世界的に有名です。

その他ジンベエザメの観察もできます。

通年を通して楽しめます。

パラオ

パラオはジンベエザメ以外にも、グレイリーフと一緒にダイビングができるポイントとして有名です。

通年観察できますが、12月〜5月が一番おすすめです。

チューク

チュークにはグレイリーフシャークのクリーニングステーションがあります。

また餌付けも行っているので、通年観察ができます。

ミクロネシア ヤップ

ここではグレーリーフシャークやマンタの観察ができます。

餌付けをしているので、通年楽しめます。

モルディブ

モルディブといえば、ジンベエザメですね。シュノーケリングだけかな〜と思いきや、ダイビングでもジンベエザメに会うことができるそうです。

もちろん通年楽しめます!

 

オセアニア

2番目は、オセアニアのダイビングスポット5選です。

東南アジアに次いで2番目にアジア圏から多くのダイバーが訪れるエリアです。

オーストラリア グレートバリアリーフ

オーストラリアのグレートバリアリーフは世界最大のサンゴ礁地帯として有名です。

ハンマーヘッドシャーク・ネムリブカ・グレイリーフシャークの観察が楽しめます。

おすすめの季節は10月〜5月です。

南オーストラリア

南オーストラリアは、ホホジロザメのケージダイビングで有名です。

世界一凶暴なサメの迫力を超至近距離で楽しむことができる、エキサイティングなダイビングです。

ベストシーズンは11月〜2月です。

ポリネシア ランギロア環礁

ランギロア環礁では、グレイリーフシャークの群れの観察を楽しめます。その数なんと5~600匹!!!

サメ以外にも、イルカやバラクーダに会えます。

通年観察ができますが、1番のおすすめは繁殖シーズン6月〜9月です。

フィジー

フィジーでは、グレイリーフシャークや世界で2番目に凶暴と言われるタイガーシャークとダイビングができます。

餌付けをしているので、超至近距離での観察を通年楽しめます。

パプアニューギニア マダン

パプアニューギニアのマダンでは、動画のようにハンマーヘッドシャークと世界でも珍しい「歩くサメ・エポレットシャーク」の観察が楽しめます。

エポレットシャークは運次第でもありますが、遭遇率は一番高いです。

 

 

南北アメリカ

3番目はアメリカ大陸です。

アメリカ大陸といっても、主に中米のダイビングスポットの紹介になります。メキシコ・バハマ・キューバ・ベリーズetc. 中米の国の海はとっても美しいです。

メキシコ ラパス

ラパスでは、ジンベエザメとのダイビング、またはシュノーケリングが楽しめます。

他にも、ハンマーヘッドシャークの群れが見れたり、アシカとのダイビングを楽しむこともできます。

ハンマーヘッドシャークを見たいなら、おすすめは4月〜12月です。

メキシコ グアダルーペ

グアダルーペは、ホホジロザメのケージダイビングで有名です。

ホホジロザメとの遭遇率は世界TOPクラス。毎年多くのダイバーがエキサイティングなケージダイビングを楽しむために訪れます。

おすすめは7月〜11月です。

コスタリカ

コスタリカの海にはマグロの大群が集まるシーズンがあります。このマグロを狙いにくるクロトガリザメが群れで集まります。

また、獲物目的ではないですが、数百匹ものハンマーヘッドシャークの群れも集まります。

一番のおすすめ時期は6月〜11月です。

ガラパゴス

ガラパゴス諸島は、「ハンマーヘッドシャークの学校」と呼ばれるほど多くのサメ達が集まります。

他にもジンベエザメやクジラの観察が通年楽しめます。

バハマ

バハマではグレイリーフシャーク・レモンシャーク・タイガーシャークが見れます。

餌付けをしているので通年楽しめますが、一番のおすすめは10月〜1月です。

キューバ

キューバは、アメリカからのアクセスがとても良いためアメリカ人観光客が多いです。

ここではペレスメジロザメ・クロトガリザメの観察が楽しめます。

おすすめは12月〜4月です。

ベリーズ プレイセンシア

日本人にはあまり馴染みがないですが、中米にある「ベリーズ」という国のプレイセンシアではジンベエザメとのダイビングが楽しめます。

3月〜6月が一番オススメです。

ちなみに、ベリーズは今私が一番行きたい国のひとつです。

カリフォルニア サンディエゴ

アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴでは、アオザメの観察が楽しめます。

6月〜11月が一番いい季節です。

 

 

アフリカ

最後はアフリカです。

日本人でアフリカを旅する人は中々珍しいと思いますが、実は南アフリカの海って結構有名なんですよ♪サーフスポットとしても有名ですが、ダイビングでも有名なところはたくさんあります。

南アフリカ フォールスベイ

南アフリカのフォールスベイでは、ホホジロザメのケージダイビングができます。エビスザメの観察もできます。

おすすめは月〜8月月〜9月です。

南アフリカ ガンズバイ

ガンズバイは、世界で最初にシャークダイビン(ケージダイビング)を始めたスポットして有名です。

通年ホホジロザメの観察ができますが、透明度がいいシーズンは3月〜9月です。

エジプト 紅海

エジプトの紅海は、抜群の透明度の高さでも有名ですが、ここに潜りに来るダイバーの1番のお目当はハンマーヘッドシャークです。

おすすめは6月〜10月です。

 

 

いかがでしたか?
海外でしか会えない種類のサメに会いたい時は、思い切って海外に行っちゃいましょう!

最後に…
海外のサメに会えるダイビングツアーに参加したいけど、言語に自信がない人は日本のツアーに申し込むと安心です。

DIVENAVI.comさんは、海外ダイビングをメインに取り扱っているサイトです。海外ツアーをお探しの方はおすすめです。

[DIVENAVI.com – サメを狙え! サメが見られる世界のダイビングスポット]ではサメに特化したツアーを探せます!!!

タイトルとURLをコピーしました