伊戸でダイビング!海外でも注目されているサメスポットです

スキューバダイビング

ダイビング大好きな皆さまへ

サメに埋もれられる「伊戸」では実際にどんな生物が見れるのか、どんな写真が撮れるのか気になりますよね?本記事では以下3点について紹介します。

  • 伊戸のダイビングスポットについて
  • 伊戸の見どころ5選【写真付き】
  • 伊戸のダイビングショップの紹介

Instagramで見つけた「伊戸」のステキな写真も紹介してるので、水中写真の構図決めの参考にもなると思います。

スポンサーリンク

伊戸のダイビングスポットについて

千葉県館山市、房総半島の南端に位置してます。最大の魅力はサメにもみくちゃにされるエキサイティングな体験「シャークスクランブル」です。また、シャークスクランブルが出来上がるまでのストーリーも魅力的です。

この海にいるサメ達は自然と集まったものではなく、伊戸漁業共同組合の協力と伊戸ダイビングサービス代表・塩田さんの努力の結晶なのです。塩田さんが海の中で餌付けを始め3年間かけてここまでサメが集まるようになったそうです。餌は売り物にならない雑魚を漁協が無料提供しれくれたものを使っています。

もともとは定置網にかかり漁師さん達を困らせていたドチザメ。多い時で50~100匹かかることもあり、魚を食い散らかしたり、網を噛みちぎるなどで厄介者だったみたいです。しかし、シャークスクランブルが定着して以降、定置網にかかるドチザメの数は減り、さらにダイビングスポットとしても世界から注目を浴びるようになったので一石二鳥とはまさにこの事ですね。

伊戸のダイビング見どころ5選【写真付き】

事前に見どころを押さえておけば、1回のダイビングがより有意義で楽しい時間になります。

「こんな写真が撮りたい!」「ウミウシに会いたい!」などとリクエストもできるし、見慣れた生物・あまり興味のない生物を紹介されちゃうなんて事も回避できるかもです(笑)

また水中写真を上達させたい方は“Instagram”で真似したい水中写真を見つけるとGOODですよ♪水中構図、角度、光の加減etc. どんどん真似してください。たくさん写真を撮ると早く上達できます。

伊戸の水中写真▶︎#伊戸
伊戸のおすすめインスタグラマー▶︎@ito.bommie.matsuken

※以下ランキングはウミウシ好きなCENA個人の勝手な観点です(笑)

【1位】世界初!もみくちゃ「シャークダイブ」

警戒心の強いドチザメをこんに至近距離見れるポイントは世界でもここだけだと思います。ボートからENし、徐々に潜行していくと…水底一面にうじゃうじゃ動いてるの何かがボヤ〜っと見える。はい、その水底一面のうじゃうじゃがお目当のドチザメです。量にビックリします。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takayuki Saitoさん(@saito.1214)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊戸ダイビングサービス ボミー (松井)さん(@ito.bommie.matsuken)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SAKI.A🌺さん(@sacchon818)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊戸ダイビングサービス ボミー (松井)さん(@ito.bommie.matsuken)がシェアした投稿

【2位】サメだけじゃない!「クエ、コブダイ、アカエイ」

シャークスクランブルに集まるのはドチザメだけではないんです!アカエイも負けないくらい大量です。すっかり定着しているクエやコブダイもこの海の看板娘です♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊戸ダイビングサービス ボミー (松井)さん(@ito.bommie.matsuken)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊戸ダイビングサービス ボミー (松井)さん(@ito.bommie.matsuken)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊戸ダイビングサービス ボミー (松井)さん(@ito.bommie.matsuken)がシェアした投稿

【3位】期間限定!「水中バードウォッチング」

1〜4月上旬にかけての期間限定で水中バードウォッチングも出来ちゃいます。越冬のためにやってくる「海鵜」が水中深くまで潜って餌をとる様子を間近で見れるのも伊戸ならではの魅力です♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

彩夏 sayakaさん(@oooca1)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takashi Nazukaさん(@takashi_nazuka)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊戸ダイビングサービス ボミー (松井)さん(@ito.bommie.matsuken)がシェアした投稿

【4位】ショップの「看板猫ちゃん」

お魚ではありませんが、ショップでのんびり暮らす「看板猫ちゃん達」も人気者です。ダイバーを癒してくれます♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊戸ダイビングサービス ボミー (松井)さん(@ito.bommie.matsuken)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊戸ダイビングサービス ボミー (松井)さん(@ito.bommie.matsuken)がシェアした投稿

【5位】ショップ目の前にある「食事処だいぼ」

アフターダイブのお楽しみといえば「ご飯」ですね。特にその地で取れた海鮮を使った料理が食べれるとテンション上がりますね。伊戸ダイビングサービスの目の前には食事処があり「定置網丼」や「海鮮丼」などの人気メニューでダイバーのお腹も満たしてくれます。ラストオーダーは16:00です。

だいぼの写真▶︎#だいぼ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ふっくんさん(@fcanpa26)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Machiko Kawaiさん(@machiko1729)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SAYOさん(@ikesayo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

原野正四郎さん(@masashirou.h)がシェアした投稿

伊戸のダイビングショップの紹介

伊戸ダイビングサービスBOMMIE

ショップURL:http://bommie.jp/

コース料金
2ボート¥16,000
3ボート¥22,000
オープンウォーターダイバー取得¥75,000
体験ダイビング¥15,000

※料金詳細は必ずショップHPをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました